スポンサードリンク

★今、計7千円以上で送料無料!★園芸害虫駆除、病気予防と進行防止アタックワンAL 950ml
スポンサードリンク

★殺虫剤★花や庭木類の害虫退治に住化タケダ園芸 スミチオン乳剤【FGP0219_5】【ポイント5倍】

園芸害虫ナメクジ

園芸害虫と呼ばれる虫をご紹介します。
園芸害虫として嫌われる虫の1つが「ナメクジ」です。「ナメクジ」って、気持ち悪いけれどノロノロと動いているだけだし、カタツムリの仲間だし、園芸害虫と呼ばれるけれど植物にそんなに害は与えないのではないか…と思っている人も多いみたいです。
けれど、「ナメクジ」って甘く見てはいけないんです。「ナメクジ」は、野菜や花などの葉っぱを食べて植物を傷つけてしまいます。葉っぱの中でも、キャベツやレタスはとくに「ナメクジ」による被害が多いようです。また、「ナメクジ」は葉だけでなくイチゴなどの果実も食べてしまうんです。特に、雨が多い梅雨の時期、「ナメクジ」は数を増やし大勢で植物を荒らします。
園芸害虫「ナメクジ」は放っておくわけにはいきません。「ナメクジ」の退治法としては、ホームセンターなどで売られているナメクジ駆除用の薬を使うのが効果的です。けれど、できることなら無農薬で育てたいと思っている人も多いですよね。そこでオススメなのが、酒粕です。植物の近くに酒粕を置いておくと、酒粕好きの「ナメクジ」はそっちに集まってくれます。また、酒粕に市販の駆除剤を混ぜておいておけば、そのまま退治することもできますよ。

園芸害虫アブラムシ

「アブラムシ」も園芸害虫と呼ばれる虫です。「アブラムシ」は、植物に群がって葉の汁を吸います。そのため、葉の色が黄色っぽくなってしまったり、野菜などの見栄えが悪くなってしまいます。「アブラムシ」も専用の駆除剤が売られていますが、できるだけ薬は使いたくないという人のために退治法をいくつかご紹介します。
広い畑などの場合は、柑橘類(みかんや八朔など)の皮を干してサラサラにし、土に埋めてみてください。こうすることで、葉につく「アブラムシ」の数が随分減るみたいです。
また、「アブラムシ」は光るモノが嫌なので、植物の上の方にキラキラしたもの(銀色のもの)を吊るしておくのもオススメです。また、多くの方がご存知かと思いますが、「アブラムシ」の天敵は「テントウムシ」です。「テントウムシ」は、一匹で数千頭の「アブラムシ」を食べてくれます。広い畑の場合は、本格的に「テントウムシ」を集めに行く必要があり大変かもしれませんが、プランターなど狭い範囲なら数匹いればいいのでそう負担になりませんよね。
また、牛乳を薄めてスプレーするのも効果があるとされています。牛乳によって「アブラムシ」が呼吸困難を起こし、死んでしまうみたいです。

パイベニカスプレー

園芸害虫と呼ばれる虫は、他にもたくさんいます。薬を使えば簡単ですが、自分で育てるものはできるだけ無農薬にしたいという方も多いと思います。有機栽培でも使えるパイベニカスプレーというのをご存知でしょうか。パイベニカスプレーは、そのままスプレーして散布できますので簡単です。しかも有効成分は、除虫菊から抽出した天然成分ですので、有機農産物栽培にも使えます。対象害虫が幅広く、アブラムシ、ハダニ、コナジラミ、アオムシまでも退治します。
また、口コミサイトなどを見ると色んな園芸害虫退治法が紹介されているので、是非試してみてください。

園芸害虫